スライムさんすこしがんばる

このひまをどのように

本をよみました

吉野朔美さん追悼

本当はGW前半の旅行について書こうと思ったのですが、昨日はてブをつらつらと繰っていたら「吉野朔美さんが亡くなった」というニュースが飛び込んできて「えええええっ…」となったので、書きつけておきたくなりました。ぼくだけが知っている〔文庫〕(1) (…

目眩まし/W.G.ゼーバルトを高校生のときに読んだ話

目眩まし (ゼーバルト・コレクション)作者: W・G・ゼーバルト,鈴木仁子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2005/11/25メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログ (16件) を見る 「趣味は読書。」な人たちからすれば、長い旅行にどの本を持っていくか…

情緒の純度を高めた蒸留酒のような短編集 ケン・リュウ『紙の動物園』

獺祭の酒粕焼酎をこの前初めて飲んだ。というか酒粕焼酎を初めて飲んだ。おいしかったのでスイスイ飲んでいたらすぐに酔っぱらった。アルコールが実に30数パーセントも入っているとは思わなかった。下手くそなたとえ話で書き出すことを許してほしいのだけれ…