スライムさんすこしがんばる

このひまをどのように

天気の話をしましょう、自分を大切にしましょう

ふと思いつく、天気の話をおおっぴらにできる人は自己肯定感を持ち合わせている人なのではないか、と。

***

商談、会談時のアイスブレイクで天気の話をする人がいる。ぼくは少し前までくだらないなと思っていた。同級生ともそういうことを一緒になって話した覚えがある。会社の先輩をクサして「あいつら出会いがしらに天気の話なんかするんだぜ、本当つまんねえよな」という具合だ。

***

さっき、小雨の中を一駅ぶん歩いて帰ってきた。10分と少しだ。家の最寄までは、ターミナル駅から乗り換えて一駅だけなので、気分が乗れば歩く。今日は友人とお酒を飲んできて上機嫌だったから歩いた。歩きながら考える、春なので、心地が良い風がふくので冬よりきぶんがいいな。小雨が降っているのはすこしどんよりするから、明日は晴れるといいな。

ここまで考えて気づく、少し前のぼくは天気なんかこういうふうに天気のことを気にしただろうか。曇りや雨は気分が塞ぐから、明日が晴れてほしいなどと思っただろうか。答えはノー、ぼくはそんなことには頓着しなかったはずだ。その証拠に、ぼくは雨のないときに傘を持ち歩く習慣がない。基本的に天気予報というものを見ることがないからだ。出先で振り出したときはたいてい往生するし、家を出るとき降っていて出先でやむとかならずそこに傘を忘れる(ADHDか?)。

さらに思い出すのは、小学生のときや高校生のとき。あのころぼくはちゃんと天気を気にしていたと思う。雨が降れば残念に思ったし、夏の日の晴れは気が滅入ったし、冬晴れを気持ちいいと思うこころがあったとぼんやりと思い返す。

***

天気は人間にとって些細なもののようで、案外たいせつなものだ。雨で足元がぐちゃぐちゃになれば気分はわるいし、青い空は気持ちがいい。それでも感情の動きが鈍くなっていると、そんなことが全然わからなくなる。足元も空の具合もどうでもいいと思うようになる。だから天気の話を、自分(の感情)にとってたいせつだと思える人は、自分を大切にできている人なのではないかと思う。そしてそれが商談相手にもたいせつだとわかっていて、おおっぴらにそれを話題にできるということもなにをかいわんや、ということだ。

***

この話が正しいとばかりは思わないし、天気については個々人感じ方があると思う。それでもぼくにとっては、天気を気をかけられるというのは自分の感情に気をかけることができる状態とイコールなのだ。自分の感情の機微を感じ取ることはとても大事なことで、それができなくなったら一度立ち止まったほうがいい。なんだかJ-POPの歌詞のようだけど。

***

だからこれからは、天気のことをだいじに扱って、人間にとって大切なことだと思って、もっともっと大げさに天気の話をしよう。くだらないなんて言っているより、きっとそのほうがいい。